このページのトップです。

学校法人立命館への個人データの開示、訂正等、利用停止等の請求手続

 

 本学園では、保有する個人データについて、本人から下記請求があった場合は、「個人情報の保護に関する法律第25条から第27条」および本学園の「学校法人立命館個人情報保護規程第14条」に基づいて対応します。
 
請求手続について
 請求者は、「保有個人データ 開示等請求書」を記入のうえ、以下に指定する書類とともに各提出窓口に持参してください。

 

請求者

必要書類

提示/提出

本人

顔写真付証明書

(学生証、教職員証、運転免許証、パスポートなど)

提示

法定代理人

法定代理人であることを証明する書類

提出

委任による代理人

本人または法定代理人の実印が押印された委任状、

本人または法定代理人および委任による代理人の印鑑証明

提出

 

  1. 個人データの開示請求
    個人データの開示を請求された場合、すみやかに個人情報を開示します。なお、以下に該当する場合は個人情報の全部または一部を開示しないものとします。この場合、個人データを保有している部課の個人情報管理者から本人に書面にて通知します。
    ○本人または第三者の生命、身体または財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    ○本学園の業務の適正な執行に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
      開示請求には、事務手数料が必要となります。金額は、各校の成績証明書発行手数料と同額になります。
  2. 個人データの訂正、追加および削除請求
    個人データの内容に誤りがあるという理由で、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」)を請求された場合、請求に理由があることが判明したときは、すみやかに個人データの訂正等を行うとともに、その結果を請求者に通知します。
    なお、訂正等を行わないと決定したときは、その旨を書面にて請求者に通知します。
  3. 個人データ利用の停止、消去請求または個人データの第三者への提供の停止請求
    個人データが「学校法人立命館個人情報保護規程」に違反した取扱い、取得または第三者提供がされているという理由で、個人データの利用の停止、消去または第三者への提供の停止(以下「利用停止等」)を請求された場合、請求に理由があることが判明したときは、すみやかに個人データの利用停止等を行うとともに、その結果を請求者に通知します。
    なお、利用停止等を行わないと決定したときは、その旨を書面にて請求者に通知します。

 

[提出窓口一覧]
《学生・生徒・児童・卒業生》

立命館大学

各学部・研究科事務室、総合理工学院事務室

立命館アジア太平洋大学

スチューデントアドバイザリー・オフィス

立命館中学校・高等学校

立命館中学校・高等学校事務室

立命館宇治中学校・高等学校

立命館宇治中学校・高等学校事務室

立命館慶祥中学校・高等学校

立命館慶祥中学校・高等学校事務室

立命館守山中学校・高等学校

立命館守山中学校・高等学校事務室

立命館小学校

立命館小学校事務室

 

《教職員》

立命館大学・各附属校

人事課

立命館アジア太平洋大学

アドミニストレーション・オフィス

 

 

 

このページのトップへ

閉じる