このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2011 年

 

2011年12月12日掲載

「みなくさまつり~南草津から被災地へ~」開催

 12月11日(日)、JR南草津駅西口周辺道路にて「みなくさまつり~南草津から被災地へ~」(主催:みなくさまつり実行委員会)が開催され、8,000人にもおよぶ参加者が様々なステージイベントやゲーム、飲食ブースを楽しんだ。

 「みなくさまつり」は、南草津地域の更なる発展を願い、また地域の方々に南草津の新しい魅力を発見してもらうという趣旨のもと開催された。今回は、東日本大震災の発生を受け、当初開催予定であった3月12日から延期となっていたことを踏まえ、「南草津から被災地に元気を届けよう」をサブテーマに、募金箱の設置や、復興支援市、被災地での支援活動についての報告会も行われた。

 地域の方々とともに、立命館大学生もステージやスポーツ広場でイベントを盛り上げた。
スポーツ広場ではスポーツ健康科学部の学生による○×クイズや、立命館大学×グンゼスポーツクラブによる体力・からだチェック!が行われた。○×クイズでは、健康やスポーツに関するクイズを出題。多くの参加者が健康やスポーツについて学びながら楽しんだ。ステージでは進行は立命館大学放送局(RBC)が務める中、JAZZ CLUB、アコースティックギターサークル、RDC(ダンスサークル)などの学生サークルが演奏やダンスを披露し、観客を魅了した。

 ステージ企画の最後には、本学との交流協定に基づきプロ野球選手会から水上善雄氏(元北海道日本ハムファイターズ2軍監督)と金刃憲人選手(読売ジャイアンツ、校友)が、トークショーに出演。12月4日(日)に東北にて同会が主催した復興支援企画「ベースボール・クリスマス」に運営スタッフとして参加した國島紗希さん(スポーツ健康科学部 2回生)も出演した。國島さんは、「ベースボール・クリスマス」に参加した感想について、「東北の子どもたちの笑顔に励まされた。これからも、私たちができる復興支援に、積極的に取り組んでいきたい」と報告した。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。