このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2011 年

2011
 

2011年12月08日掲載

第90回全国高校サッカー選手権大会に出場決定!立命館宇治高等学校サッカー部が川口総長を表敬訪問

 12月7日(水)、第90回全国高校サッカー選手権大会への出場を決めた立命館宇治高等学校サッカー部員23名と汐崎澄夫・立命館宇治高等学校校長、梁相弘監督、織田成一郎顧問が、朱雀キャンパスを訪問、川口清史・立命館総長、長田豊臣・理事長、上野隆三・常務理事らが出迎えた。

 川口総長は、「京都大会での優勝、そして全国大会への出場おめでとうございます。全国の校友や、府民の方々も応援してくださっています。皆さんの期待を背負って頑張ってきてください。全国大会のひとつひとつのプレーで学び、成長して下さい」と激励した。また長田理事長は「文武両道で頑張っていることはすばらしいことです。全国大会でも頑張ってきて下さい」と述べた。続いて、上野常務理事からも期待の言葉があり、総長、理事長の言葉に生徒たちは全国大会への意気込みを新たにしていた。

 励ましの言葉に応えて、梁監督は、「今年はスピードがあり、どこからでもゴールを奪えるチームに成長しています。突出した選手はいませんが、チームの仲も良く、優勝を目指して頑張ってきます」と述べた。キャプテンの玉田健斗さん(立命館宇治高等学校3年生)は、「全国大会に出場できる喜びを胸に、頑張ってプレーしてきます」と話した。

 最後に選手がひとりずつ抱負を語り、記念撮影をして終了となった。その後、一行は京都新聞社、読売新聞社、KBS京都、京都府庁へ向かい、表敬訪問を行った。

 なお、初戦は、2012年1月2日(月)に、千葉県柏市柏の葉公園総合競技場において、長野県代表の東京都市大学塩尻高等学校と対戦します。皆様の応援、よろしくお願い致します。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。