このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2011 年

2011
 

2011年09月06日掲載

「学生FDサミット・2011夏」を開催

 8月27日(土)、28日(日)立命館大学衣笠キャンパスにて、「学生FDサミット・2011夏」を開催した。

 学生FDサミットは、2009年から立命館大学の学生FDスタッフが全国の大学に呼びかけて立ち上げたイベントであり、学生が中心となって教職員とともに授業や教育について意見交換や交流を行いながら、大学のより良いあり方を考えるものである。今回で4回目の開催となるサミットは、学生・教職員合わせて250名以上の参加があった。

 プログラムの1日目は、「参加大学の学生FD取り組み紹介」の後、「どうして大学に来ているの」という共通テーマで「しゃべり場」を開催。2日目は、学生FD活動を進めていく上での悩みを参加大学同士でアドバイスし合った後、「どんな授業がいい?」「大学で何がしたい?」「課外活動って必要?」のテーマ別に分かれてグループワークを行い、その成果発表を行った。企画・運営の全てに学生が携わり、各プログラムは学生FDスタッフがコーディネータとして参加し、議論を進めた。

 サミット終了後、2011年度学生FDスタッフ代表の澤野俊英さん(政策科学部2回生)は「立命館大学で開催する学生FDサミットも今回で4回目。学生FD活動がこれだけ全国に広まった今、これからはサミット発祥大学としてその『種』を撒き続けるだけでなく、立命館大学『独自の品種』を開発していくことも考えていきたい。」と今後の抱負を語った。

 次回の学生FDサミットは2012年2月末に追手門学院大学で開催する予定である。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。