このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2011 年

2010
 

2011年01月27日掲載

立命館大学校友会リコネクト事業 「授業+R」実施

 立命館宇治高等学校において、全国の若手校友14名と立命館大学4回生28名が協同で、キャリア教育講座「授業+R」を開催した。

 この企画は、2009年度に立命館宇治高等学校からの要望をきっかけに、若手校友活性化プロジェクト(リコネクトプロジェクト)の若手校友メンバーが企画を進め、実施。2010年度からは、若手校友同士の交流を深める機会を増やすことで、より積極的に校友会活動に関わり、さらには母校支援に繋がることが期待できるこの取組みをより意義深いものとするため、立命館大学校友会の若手活性化事業(愛称:リコネクト事業)としての実施となった。

 今回は12月10日(金)、11日(土)に、大学進学を控える立命館宇治高等学校2年生の約400名に対して、若手社会人や内定者が講師となって、「大学に進学する意味は何か」、「学部選択の重要性とは何か」を自らの経験を元に講義を行った。

 受講する生徒一人ひとりが、講義を通して自分の夢について考え、大学進学や学部選択に対してより具体的に考える機会となった。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。