このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2007 年

2007
 

2007年12月25日掲載

第13回アドヴァンスト経営学講演会シリーズ「夢や志をカタチにする銀行のビジネス」開催

12月6日(木)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)にて、第13回「アドヴァンスト経営学講演会シリーズ」を開催した。毎回この講演会シリーズでは、社会の第一線で活躍する方々から、実践的なトピックと経験談を織り交ぜながらお話しいただき、就職を控えた学生やこれから就職活動を始める学生などが、自らのキャリアや残りの学生生活を考えるヒントを提供している。13回目の今回は、本学の出身で、株式会社三菱東京UFJ銀行 神戸支社法人第三部長の久内克秀氏を講師に迎えた。
はじめに、久内氏は学生時代から現在までを「出会い」を中心に話した。その後、銀行の仕事についてグローバル・為替リスク、M&A、事業継承、粉飾決算などの事例をあげながら、受講生に分かりやすく解説。その中で、「お客様に信頼されるには、自分の軸をぶらさないことが重要である」と語った。
最後には、今後の銀行業界について、ゆうちょ銀行や他のメガバンクなどと比較しながら展望を語った。また「日本社会が、預金から投資へと向かう流れで、これからは規模での戦いがはじまる」と言及。そして、世界市場での競争が、さらに激しくなっていると締めくくった。
会場は熱心な受講生で埋まり、メモを取りながら講演に耳を傾ける姿が見受けられた。

アドヴァンスト経営学講演会シリーズの詳細はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。