このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2007 年

 

2007年12月18日掲載

情報理工学部キャリアセミナーを開催

 12月8日(土)に情報理工学部キャリア支援企画「情報理工学部キャリアセミナー」を開催した。本企画は社会に有為なIT人材を輩出するために、これから就職活動に取り組む学生が、企業や仕事について正しく理解することや、低回生からキャリア形成のために必要な学修・研究へのモチベーションを高めることを目的とし、今年で3回目の実施となった。情報理工学部の1回生~4回生の学生と理工学研究科の院生、約150名が集まり非常に充実した時間となった。

 2007年度は「大学での学修・研究とキャリア」をテーマに、ゲストスピーカーとして本学理工学研究科のOB・OGである西日本電信電話株式会社の北島康広氏と株式会社野村総合研究所の澁谷亜樹氏を招いた。両氏からは業務経歴や現在の具体的な業務内容に加え、学業や研究姿勢など、学生・大学院生時代の勉強・研究や、正課・課外での経験がどのように社会で役立っているかなど、5年から10年の社会経験で築き上げてきた自身のキャリアについて説明された。

 引き続き情報理工学部の小柳滋教授をコーディネーターとし、学生の質問をもとにパネルディスカッションを行った。「学生時代にやっておくべきことは何か」「大学院に進学するか迷っているが、進学したほうがいいのか」「新入社員に求めるものは何か」など、キャリアを考えるにあたり重要な質問もあり、参加者は熱心に耳を傾けていた。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。