このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2007 年

2007
 

2007年12月13日掲載

同済大学セミナー「最新中国ビジネス事情」始まる

12月5日(水)、立命館アカデメイア@大阪において、同済大学連続セミナー「最新中国ビジネス事情」(同済大学主催、立命館大学など協力)が開講した。

同セミナーは、中国の名門、同済大学(上海市)の大阪分校開設準備事業の一環として、2008年3月まで6回にわたって行われるもので、第1回の講義では、濱田初美・経営大学院教授の挨拶に引き続き、「今後の中国株式市場予測」をテーマとして、同済大学経済学研究所副所長の呉光偉教授による講座が行われた。講座では、情報の透明性の確保といった中国株式市場の抱える課題や、相場は2008年までは現在の水準で推移するが、それ以降は個人投資家が大半を占めるA株を中心に50~70%もの大幅な調整(下落)といった今後の見通しなどが、多くの資料に基づいて詳細に説明された。約50名の受講者は熱心に耳を傾け、質疑応答も30分に及び、中国ビジネスに対する関心の高さを改めて示した。

次回は12月17日(月)「人民元の大幅切り上げの時期」のテーマで、同済大学アジア太平洋研究センター兼任教授の孫立堅氏による講座が行われる。

同済大学連続セミナーの詳細はこちら
申し込み・問い合わせ 立命館大阪オフィスまで

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。