このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2009 年

 

2009年12月31日掲載

文学部リレー講義「日本文化の奔流」後期第11回目開催

 12月16日(水)衣笠キャンパスにて文学部リレー講義「日本文化の奔流」の第11回目の講義を開催した。今回は講師に永平寺監院の大田大穣氏を向え「洗面と洗浄」をテーマに講義を行った。

 講義の冒頭、大田氏は「永平寺はみなさんに厳しい修行が行われているところと誤解をされているが、実際はそんなことはなく、守られた温室のような場所である。修行は何をしたらよいのか明確だから、修行ほど楽なものはない私は思っている」と話した。また、今日の講義テーマになっている「洗面と洗浄」については「道元禅師の『正法眼蔵』に「洗面」巻と「洗浄」巻がある。水は生活の基本であり、かつてはコップ1杯の水で顔を洗い、口をすすいでいた。そこには、水だけではなく物全般を大切にする姿勢が示されていた」と述べた。

 会場には多くの学生たちが集い、大田氏の講義に聞き入った。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。