このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2009 年

 

2009年12月24日掲載

第40回全国高等学校アメリカンフットボール大会決勝戦(クリスマスボウル)惜しくも準優勝

12月23日(祝)東京、味の素スタジアムにて行われた、高校アメフト日本一を決める第40回全国高等学校アメリカンフットボール大会決勝戦(クリスマスボウル)に初出場した立命館宇治高校は関東代表の日本大学第三高等学校と対戦、9-12で敗れ、惜しくも初優勝を逃し、準優勝となった。

立命館宇治は前半、攻勢的に試合を進めたものの相手チームの好守備にゴールラインを割れず得点を獲得できず。逆に、前半終了間際にパスを決められ得点を与えてしまい、0-6で前半を折り返した。続く第3クォーターにTDを許し0-12と引き離されたものの、ランとパスを組み合わせて進み、TDを決め、7-12と追い上げた。さらに第4クォータにはゴールライン目前まで進み、相手のセフティで2点を奪い、9-12と追い上げるものの、鉄壁の守備に攻せず、試合終了の時刻を迎えた。敢闘賞には森脇健太(立命館宇治高)が選ばれた。

試合には多くの級友、チアリーダーらが夜行バスなどで駆けつけ、声をからして応援し、試合を盛り上げた。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。