このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2009 年

2009
 

2009年12月15日掲載

「不正薬物乱用防止」公式ポスターデザインコンテスト表彰式を開催

 12月11日(金)、朱雀キャンパスにて「不正薬物(大麻・覚醒剤等)乱用防止」公式ポスターデザインコンテストの表彰式が開催された。

 この取り組みは、「不正薬物乱用防止」を広く院生・学生・生徒及び教職員に呼びかけるもので、公式ポスターを作成するにあたり、立命館大学、立命館アジア太平洋大学や、附属中学・高等学校からデザインを公募した。

 表彰式では最優秀賞1点、優秀賞2点、審査員特別賞の4点の表彰が行われた。最優秀賞を受賞した梶山祐加さん(映像学部2回生)のは「薬物を使用することは、薬物を使用した本人だけでなく、家族をはじめ、周りの人々にも辛い思いをさせることを、ポスターを通じて伝えたかった。」とポスターに込めた想いを語った。

 最後に、川口清史・立命館総長が「薬物の使用は本人だけでなく、家族にも、次の世代の若者にもつながってしまう。薬物を許さない若者文化の育成に、ポスターを生かしてほしい。」と参加者に訴え、厳粛な雰囲気の中、閉式となった。

 尚、コンテストの応募作品は順次、学園内で展示する予定。また、最優秀賞の梶山さんの作品は学園の公式ポスターとして採用し、今後の薬物乱用防止に活用していく。

受賞作品一覧はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。