このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2009 年

 

2009年12月09日掲載

「企業の技術ビジョンを知る2009」にて電気自動車i-MiEVを試乗

 12月3日(木)びわこ・くさつキャンパス(BKC)において、(株)ジーエス・ユアサコーポレーションによる「企業の技術ビジョンを知る2009」講演が行われ、同社がリチウムイオン電池を開発・提供している電気自動車i-MiEVの体験試乗会が行われた。
「企業の技術ビジョンを知る2009」はキャリアオフィス主催の就職活動支援企画として、理工系学部3回生・大学院修士1回生を対象とした50社の現役技術者による連続講演で、技術者として生きていくうえでの志を深くするためのものである。

 山口雅英氏(同社電源システム生産本部開発部部長)はCO2排出25%削減を目指すには電池の発展が不可欠であること、電池の現在と将来像、技術者としての志の持ち方などを熱く語った。講演には、118名の学生が熱心に聞き入っていた。

 引き続き屋外に移動し、電気自動車i-MiEVの体験企画として、その性能や実際のリチウムイオン電池の説明を受け、その後6名の学生がクインススタジアム周回道路を試乗し、最新技術を体験した。

 試乗した学生からは「環境に優しいだけでなく、ガソリン車と同等以上の性能を実感した」などの感想が寄せられ、技術者としての志を新たにしていた。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。