このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2009 年

 

2009年01月09日掲載

囲碁研究部 第52回全日本大学囲碁選手権優勝!

12月24日(水)~27日(土)、東京・日本棋院で開催された「第52回全日本大学囲碁選手権」(主催:全日本学生囲碁連盟・読売新聞社)に囲碁研究部が、関西代表校として出場し、3年ぶり3回目の優勝を果たした。

全日本大学囲碁選手権は、全国から予選を勝ち抜いた8大学による総当たり戦で行なわれ、チームとしての勝ち星が最も多い大学が優勝となる。

立命館大学囲碁研究部は、初日からメンバーと応援部員全員が一丸となり、順調に勝ち星を重ねた。
最終戦となる慶應大学との直接対決では、五将の上條浩平さん(産業社会学部1回生)が惜しくも2目半で敗れたものの、主将・副将・三将がそれぞれ会心の勝利をおさめ、3勝2敗で慶應大学に勝利し、見事日本一を勝ち取った。

また、武田淳さん(文学部4回生)、山田紘平さん(法学部6回生)は、全ての試合に参加し、全勝賞にも輝いた。

主将の高津昌昭さん(法学部3回生)は、「今回の大会が最後となる先輩部員がメンバーの中にいたので、現在の最高のメンバーで優勝することができて本当に良かった。有終の美を飾っていただくことができたと思います」と語った。

今大会全勝賞の山田紘平さんは、「最近は、関西勢が振るわなかったので優勝できて嬉しい。個人としても今年は集大成の年として充実した一年を過ごすことができました。後輩には引き続き優勝を追いかけてもらいたい」と語った。

<団体戦メンバー>
主将 高津昌昭(法学部3回生)
副将 武田 淳(文学部4回生)
三将 山田紘平(法学部6回生)
四将 野口正樹(産業社会学部4回生)
五将 上條浩平(産業社会学部1回生)
サブ 遠藤竜志(文学部2回生)
サブ 西村一駿(経営学部1回生)

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。