このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2008 年

 

2008年12月24日掲載

公開シンポジウム 第5回『コトを起こすビジネスパーソン』開催

 12月13日(土)、大阪梅田にて、大学院経営管理研究科の主催によるシンポジウムが行われた。本企画は新しい事業を創造するビジネスパーソンを招いて、その着想と現代的特徴を学ぶというもの。

 第5回目となる今回は、京町家など各地で滞在体験型まちづくりを推進する(株)庵の代表・梶浦秀樹氏と、着物文化の斬新な発信を手がける(株)やまと代表の矢嶋孝敏氏を招き、「日本文化市場への価値認識」をテーマに、日本文化の価値がどのようにして市場に受け入れられるのか、またその背景にある現代人のニーズとは何かをめぐって議論が交わされた。

 モデレータの谷口正和・経営大学院教授は、「モノの輸出入に飽きたらず人々はより直接的な社会交流を求め始めている。それゆえ文化市場への価値認識がいっそう深まる」と今後の展望を示した。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。