このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2008 年

2008
 

2008年12月15日掲載

ホッケー部 全日本男子選手権大会で優勝!!

 12月14日(日)、奈良県天理市の親里ホッケー場で行われた、ホッケーの第82回全日本男子選手権大会決勝で、立命館大学が山梨学院大学に3―1で勝利し、7年ぶり2度目の優勝を決めた。

 15年ぶりに学生同士の対決となった決勝戦。立命館大は前半29分に、キャプテン・太田翔のゴールで先制するも追いつかれ、1-1での折り返し。後半も立命館大学は積極的に攻撃を仕掛け、後半8分、連続した攻撃から奪ったペナルティコーナーで井上拓哉が勝ち越し点を決め、26分にも、太田が追加点をとり試合を決めた。
 ここまで立命館大学は準々決勝で法政大学、準決勝では社会人の強豪「名古屋フラーテル(旧名「表示灯」)」を破り3戦全勝で3年ぶり4回目の決勝戦に進んだ。

 試合後、山口修一郎監督は「苦労の多いシーズンだったが、最後にベストゲームができて本当によかった」と喜びを隠しきれない表情で語った。また、この決勝でも2得点を挙げた主将の太田翔さん(産業社会学部4回生)が最優秀選手に選ばれた。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。