このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2008 年

2008
 

2008年12月10日掲載

中国・海南省(第1期)「大学管理運営幹部特別研修」がスタート!

 12月1日(月)、「中国・海南省(第1期)大学管理運営幹部特別研修」がスタートし、衣笠キャンパスで開講式が開催された。式には、中国海南省から来日した大学管理運営幹部22名と学園関係者、来賓として中国在大阪総領事館領事2名が出席した。
 中国から当研修で研修員を受け入れるのは、2004年8月に重慶市第1回研修から数えて28回目となる。すでに重慶市、甘粛省などの大学および機関などから730名が受講しており、海南省からの研修団受け入れは今回がはじめて。

 開講式では、肥塚浩・立命館副総長が「日本における大学改革の理念と経験を学ぶため、海南省から来られた皆さまを心より歓迎します。今回の研修が実り多い成果を生むと確信しております。海南省の高等教育の発展に少しでも寄与することを願い、立命館の新たな日中友好交流のページとして書き加えられることになると考えています」と歓迎の挨拶を行った。
 また、劉占山・在大阪総領事館領事から、「新世紀に入って以来、日本の大学は大きく改革が進んできており、研修員の皆様は、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭で考えて学び、海南省の大学改革と発展に寄与していただきたい」と激励の言葉がかけられた。
 これを受けて研修団長の林強・海南大学副学長は、「これからこの研修で学ぶ大学管理運営の貴重な経験は海南省高等教育の発展および中日両国人民の相互理解の促進に役に立つと確信しています」と語った。

 続いて行われた歓迎パーティでは、研修の成功と日中友好を願って研修団と学園関係者との交流を深めた。

 本研修プログラムは、これまでの大学管理運営幹部特別研修と同様、日本国政府開発援助(ODA)円借款による「中国人材育成事業」の一環として、学校法人立命館が国際協力機構(JICA)と協定を結んでプログラムの開発と準備を進めてきたもので、日本の高等教育制度や大学の管理運営の実例などについて学ぶ。衣笠キャンパスを拠点に、京都、びわこ・くさつキャンパス(BKC)、奈良、大阪、東京などで国際協力機構、京都大学、法政大学、アサヒ・ビール訪問などのフィールド・ワークを含め、12月1日(月)から12月19日(金)までの約3週間で実施される予定。

 立命館では、同様の研修プログラムを引き続き実施し、来年には遼寧省、山西省、安徽省、河北省などからの受け入れを予定している。
 なお、修了式は12月19日(金)に開催する予定。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。