このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2015 年

2015
 

2015年10月25日掲載

全日本大学女子駅伝 立命館大学女子陸上競技部が史上初の5年連続10回目の優勝

 10月25日(日)、仙台市で行われた第33回全日本大学女子駅伝対校選手権大会において、女子陸上競技部が史上初となる5年連続10回目の優勝を果たした。

  レースは、大森菜月選手が各校有力ランナーが揃う1区で大会史上初の3年連続区間賞の走りでトップに立つと、2区の関紅葉選手が初出場のプレッシャーをものともしない走りで2位との差をさらに広げた。3区では加賀山恵奈選手が区間新記録にあと一歩に迫る圧巻の走りを見せ、早くもトップを独走する状態となった。4区の池本愛選手は力強い走りでさらに2位との差を1分39秒にまで広げ、5区の太田琴菜選手へ襷をつないだ。太田選手は、アップダウンが激しい最長区間9.2kmの5区を快走し、昨年の2区に続き、5区でも区間新記録を打ち立てた。最終区間6区を走った和田優香里選手は、アンカーのプレシャーに負けない走りで区間賞を獲得し、史上初となる全区間区間賞獲得での5年連続10回目となる優勝のゴールテープを切った。優勝タイムは大会新記録となる2時間2分52秒となった。十倉みゆき・ヘッドコーチは「全パートで力を合わせて力を出し切れるチームになることができ、お互いに良い刺激を与え合えたことが今回の結果につながったのだと思います。ここに来るまでは苦しい思いもしてきましたが、結果的にチームみんなが成長してくれて、良い顔で今日走ってくれました。応援ありがとうございました」と優勝を決めた喜びを語った。

 各区間の走者と記録は以下の通り。全6区間中3区間での区間賞獲得となった。

■各走者の結果 ( )内は区間成績
 第1区 大森 菜月  20分42秒(1位)区間賞(大会史上初3年連続)  
 第2区 関  紅葉  17分45秒(1位)区間賞 
 第3区 加賀山 恵奈   21分58秒(1位)区間賞
 第4区 池本 愛   15分47秒(1位)区間賞
 第5区 太田 琴菜  29分24秒(1位)区間新記録
 第6区 和田 優香里 17分16秒(1位)区間賞
※全区間区間賞獲得は大会史上初。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。