このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2015 年

2015
 

2015年10月20日掲載

2015年度 第3回博士人材リーダー養成講座を開催


 10月13日(火)びわこ・くさつキャンパス(BKC)のアドセミナリオにて、2015年度 第3回博士人材リーダー養成講座を開催した。

 本講座は、博士人材リーダー養成プログラムの一環で、理工系博士課程後期課程生のために1年にわたって実施され、オリエンテーション、産業界の第一線経験者から実例を聴く養成講座、グループワーク、成果発表会から構成されるものである。博士号取得後、産業界でリーダーとして活躍するために必要な様々なスキルを身につけるためのプログラムで、キャリアパスの選択の幅を広げ、社会に出た後、博士号を活かして活躍できる人材を育成することを目的としている。

 第3回は、テンプスタッフ株式会社研究開発事業本部の関さと子氏が講師を務めた。関氏は博士号取得後、専門学校教員、ポスドク研究員や大学非常勤講師を経験され、現在は専門性を生かし、若手研究員や理系出身者のキャリア支援を行っている。

 関氏は、「大学院後のキャリアが多様化する中で、しっかりした自己分析と情報収集をが必要、具体的な目標を定めよう」「研究で培われた力が「研究以外の業務」でも発揮することができる」と語り、講演を締めくくった。

 受講者からは、「ご本人のキャリア経験もふまえていて、内容を非常に具体的に理解できました」「近年の博士に対するキャリアを知ることができて有意義でした」「企業での就職に対する考え方や、行動の仕方がよく分かりました。また自己分析する上での視点が参考になりました」などの声が上がった。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。