このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2015 年

2015
 

2015年08月21日掲載

災害復興支援活動 宮城県気仙沼市唐桑の鮪立ツリーハウス完成お披露目「賑わう会」開催




 8月7日(金)、好天に恵まれた気仙沼市唐桑町鮪立にて、「ツリーハウス完成お披露目会」が開催され、学生や教職員が参加した。
「東北に100のツリーハウスを」
この活動は糸井重里氏の発案で2013年にスタートし、立命館は、2014年6月から活動を担う一般社団法人東北ツリーハウス観光協会と共に、気仙沼市唐桑の鮪立で5箇所目(通算4号)となるツリーハウスの制作を重ねてきた。これまで立命館からは計6回の後方支援バスが運行し、のべ50名を超える学生が活動に参加した。

 賑わう会は、東北ツリーハウス観光協会の糸井重里代表理事による開会の挨拶に続き、立命館災害復興支援室より塩崎賢明副室長と、建設にあたって多大なる調整と協力をいただいてきた民宿・唐桑御殿つなかんの菅野一代さんから、感謝の言葉が重ねられた。
 そして、立命館アジア太平洋大学の卒業生で、津軽三味線奏者の鈴木利枝さんによる奉納演奏がとりおこなわれた。その後、この間建設に関わってきた本学の学生や立命館アジア太平洋大学の学生らが地元の子どもたちに楽しんでもらえるようにとクイズラリーを企画したり、屋台等のお手伝いをし、地元の方々と共に完成の喜びを分かち合った。また、第二部の交流会では、鈴木さんの演奏に合わせ参加者一同で歌謡曲を歌う場面もあり、再会と今後のさらなる交流を約束しあう機会となった。


東北ツリーハウス観光協会

立命館災害復興支援室Facebook

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。