このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2015 年

2015
 

2015年07月29日掲載

2015年度 第1回博士人材リーダー養成講座を開催


 7月22日(水)びわこ・くさつキャンパス(BKC)のアドセミナリオにて、2015年度第1回博士人材リーダー養成講座を開催した。

 本講座は、博士人材リーダー養成プログラムの一環で、理工系博士課程後期課程生のために1年にわたって実施され、オリエンテーション、産業界の第一線経験者から実例を聴く養成講座、グループワーク、成果発表会から構成されるものである。博士号取得後、産業界でリーダーとして活躍するために必要な様々なスキルを身につけるためのプログラムで、キャリアパスの選択の幅を広げ、社会に出た後、博士号を活かして活躍できる人材を育成することを目的としている。

 第1回である今回の講座は、株式会社日本総合研究所 戦略コンサルティング部の宮内洋宜氏が講師を務めた。宮内氏は博士号取得後、企業でコンサルティングを行い、アカデミックと企業の架け橋となり、また専門も生かして、若手研究者、学生の起業家のコーディネートも行っている。これまでの自身の学生時代の研究内容に始まり、博士号取得後の会社での実績及び、仕事内容について述べた。また、自身の経験に基づき、グローバルにアントレプレナーとして活躍する博士人材リーダーについて語った。

 宮内氏は、「身につけた専門性で、逆に将来性を狭めている人が多い、無限の可能性があるのだから、自分の専門性を生かしつつも、その専門性だけに縛られない人になってほしい」「自分の信条を決めて、それに基づいて行動してください」と語り、講演を締めくくった。

 受講者からは、「体験を基に話をしていた為、自分自身と重ねやすく、身になる話でした」、「常に面白い考え方を学ぶことができました」、「非常に分かりやすく、ユーモアにあふれた講演でした」、「前回の講演と合わせて考えた時の、俯瞰する力とマッチしており、今後のキャリアを考える上で、非常に有意義な時間となりました」などの声が上がった。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。