このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2015 年

2015
 

2015年02月20日掲載

立命館映像展-GRADUATION SHOW 2015- 本日より開催!!




 立命館大学映像学部・同研究科では、2月20日(金)から22日(日)まで、T・ジョイ京都およびKYOTOホール(共に京都駅南イオンモールKYOTO内)にて、「立命館映像展」を開催している。


 今年で4回目を迎える「立命館映像展」では、映画・ドキュメンタリーなどの上映作品22点とCG、ゲーム、バーチャルリアリティ、メディアアート、デジタルアーカイブ、ゲーム二クスの各ジャンルによる展示53点、合計75点の多彩な作品が3日間にわたって登場する。

 京都で一番古い出し巻き卵屋の「伝統」を守る姿を追ったドキュメンタリー『でんとうをまく』(2月20日14:25~14:50)、家族との関係と受験勉強に悩む18歳少年の葛藤と決意を描いた映画『ひととなる』(2月21日18:30~19:15)や、母胎回帰をモチーフとしたインスタレーション作品『埋まれる子』、江戸時代に存在した滋賀県草津宿本陣を3Dアニメーションとして再現した『草津宿本陣における湯殿の3Dアーカイブ』展示など、現代社会に生きる人々の思いや生活、地域コミュニティや伝統文化について、学生がそれぞれの思いを形にして伝えている。


 本学部は、日本で初めて映像に軸をおいた総合大学芸術系学部として2007年に開設した。
 映像はコミュニケーション・ツールであると同時に人の精神、生活に豊かさを伝え、時として社会を動かし、国際交流を促進する。その国の文化力の指標でもあり、今後更なる発展が見込まれる重要な文化産業でもある。世界規模で急速にかつ、多様に発展する映像技術に対し、新しい文化の創造と発信、マネジメントできる力を養い、グローバルに活躍することを目指している。


 まもなく卒業を迎える学生たちが、真摯に映像と向き合い、日々積み重ねてきた思考と実践、経験と成長、多くの学びを超えてたどり着いた、多文化な映像作品展となっている。


*立命館映像展-GRADUATION SHOW 2015-
2月20日(金)開場12:30~18:00 上映13:00~18:00
2月21日(土)開場10:30~19:30 上映11:00~19:15 展示10:30~19:30
2月22日(日)開場10:30~18:30 上映11:00~18:30 展示10:30~18:00
会場は、京都駅南 イオンモールKYOTO Sakura館4階・5階



プログラムはこちら

アクセスマップ

映像学部HP

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。