このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2015 年

2015
 

2015年01月16日掲載

第90回ミニ企画展示 ミュージアム・この1てん「アウシュヴィッツ解放70年特別展示」を開催



 立命館大学国際平和ミュージアムでは、1月10日(土)から1月31日(土)にかけて、第90回ミニ企画展示 ミュージアム・この1てん「アウシュヴィッツ解放70年特別展示」を開催している。

 2015年1月はソ連軍によるアウシュヴィッツ絶滅収容所解放から70年にあたり、本展はこれを記念し、当館が所蔵するアウシュヴィッツの遺品を展示している。

 1940(昭和15)年にナチスドイツがポーランドに開いたアウシュヴィッツ絶滅収容所には、解放される1945(昭和20)年1月までに約130 万人が送られ、約110 万人が犠牲となった。会場には、収容所で発見されたわずか18cmの子どもの靴が展示されている。アウシュヴィッツ解放から70年が経った今もなお、現在の私たちに多くのことを問いかける展示内容となっている

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。