このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2014 年

 

2014年12月25日掲載

第11回立命館大学 学生ベンチャーコンテスト2014を開催




 12月6日(土)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)にて、第11回立命館大学 学生ベンチャーコンテスト2014」を開催した。このコンテストは、学生たちが持つ技術シーズやビジネスアイデアをもとにしたビジネスプランを募集し、大学発ベンチャーの創出と起業家育成を目的に2004年度からびわこ・くさつキャンパスで開催している。実際に過去のコンテストからは、5社以上の会社が誕生した。

 11回目となる今回は、計40件の応募者の中から、審査を勝ち抜いた7組が最終審査会に望んだ。当日は、学生や大学・企業関係者等、計83名の来場者が集まった。

 冒頭、中谷吉彦・産学官連携戦略本部副本部長(立命館グローバル・イノベーション研究機構教授)による挨拶が行われた後、決勝プレゼンテーションが行われた。プレゼンテーションではプランにかける想いや、事業構想が述べられた。また質疑応答では審査員から鋭い指摘があり、白熱したやりとりが行なわれた。

 決勝プレゼンテーション終了後、現在アメリカシリコンバレーを拠点に活動し、次世代パーソナルモビリティの開発で注目を浴びている本学校友のWHILL,Inc. CEO 杉江 理氏による基調講演が行われ、自身の学生時代から起業に至るまでの10年間について、様々な経験談が披露された。

 その後行なわれた審議の結果、最優秀賞の受賞団体は、Dita(奈良先端科学技術大学院大学)による「Sleep Innovation~今までにない睡眠をあなたに~」に決定した。受賞団体には賞状と賞金が手渡され、会場からは多くの拍手が送られた。また野村イノベーション賞には、メリノ(代表:下川和子さん・立命館大学経営学部4回生)の「share our world」、優秀賞にはHNTs(代表:ジョンジェヒョクさん:立命館大学生命科学部3回生)の「Presentation Partner」とヘルスケアテクノロジーズ(代表:松岡大輔さん・
立命館大学経済学部3回生)の「ヘルスギフト」が受賞した。ヘルスケアテクノロジーズはNICT賞(起業家甲子園挑戦権)とのダブル受賞となった。
 
コンテスト終了後、エポック3階のエポックラウンジに会場を移し、交流会を開催した。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。