このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2014 年

2014
 

2014年06月20日掲載

日本経済新聞社・立命館大学 アジア・世界の市場を切り拓く企業のトップが語るキャリア連続講座がスタート




独自の製品・技術でアジアをはじめ、世界の市場を切り拓く企業のトップが学生に語る。6月10日(火)、キャリアセンターの「アジア進出企業経営者による連続講演・座談会~求む!グローバル人材-我社で描くキャリアデザイン~」」がスタートしました。

第一回のゲストは粉体処理装置の開発・製造・販売を手がけ、世界シェア1位を誇るホソカワミクロン株式会社の宮田清巳社長。第一部の講演会では、企業の理念や国際展開の歴史、独自の技術、海外戦略、求める人材像について講演していただきました。

第二部では集まった40名の留学生と座談会。宮田社長から提供された「真のグローバル企業とは」をテーマに留学生からの質問を中心に意見交換が行われました。そして、宮田社長から受講生へ「一人ひとりが人生の主役、自分自身を高める努力を継続して欲しい」とのエールが贈られ、終講となりました。

※この講座は企業トップによる講演会(第一部)と座談会(第二部)に別れています。第一部は立命館大学に在籍する学生であれば、どなたでも聴講ができます。第二部は事前登録を行った留学生が対象になります。
※この企画は日本経済新聞社と立命館大学が共同で運営しています。

聴講エントリーはこちらから(キャリアオフィスサイト)

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。