このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2014 年

2014
 

2014年03月27日掲載

2014年度大学院新入生向けセミナー「大学院で獲得する“充実”」を開催

 3月15日(土) に衣笠キャンパス、3月16日(日)に朱雀キャンパスにおいて2014年度大学院新入生向けセミナー「大学院で獲得する“充実”」を開催した。本セミナーは、大学院キャリアパス推進室が主催する「大学院キャリアパス支援プログラム」の一つである。

 本セミナーは2014年4月に大学院入学予定の新入生および大学院への進学を希望者を対象に、大学院での多様な学びの可能性を理解し、積極的な活動への意欲を高めることや、新入生同士のネットワークと同時に、教員や修了生、現役大学院生とのネットワークを構築することを目的として開催した。両日合わせて100名を超える新入生・大学院進学希望者が参加した。

5時間に及ぶ本セミナーは以下の全5本立てで開催した。

1.基調講演 
東洋経済オンライン編集長の佐々木紀彦氏による「大学院と社会のつながり」をテーマとする講演。
2..パネルディスカッション
佐々木紀彦・東洋経済オンライン編集長、琴坂将廣・経営学部准教授、本学修了生の田上愛華氏(15日)、西村明子氏(16日)の3名のパネリストによるパネルディスカッション。西田亮介・先端総合学術研究科特別招聘准教授がファシリテーターを担当し、「大学院での正課・課外における多様な学びの可能性」を考えた。

3.ワークショップ with 本学修了生&現役大学院生
参加者が4つのグループに分かれ、各グループに本学大学院を修了後社会でご活躍中の先輩方や現役大学院生を交え、充実した大学院生活の過ごし方や新入生の抱える大学院生活や学びに対する疑問・不安を解消するワークショップを実施した。

4..ガイダンス
大学院生のキャリアパス形成をサポートするセミナーや奨学金等のさまざまなプログラムを紹介した。

5.交流会
本セミナーの参加者同士の交流の促進と、現役大学院生が自身の研究を紹介するポスター発表会を実施した。


本セミナーでは、教員や社会人、現役大学院生、新入生というそれぞれに異なる視点から大学院生活の充実を考えた。参加者は本セミナーで良い刺激を受け、期待とモチベーションが高まり、大学院入学に先駆け新生活のスタートさせる機会となった。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。