このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2014 年

2014
 

2014年01月25日掲載

衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館 建築工事 安全祈願祭を実施

 1月18日(土)、衣笠キャンパスにおいて、平井嘉一郎記念図書館 建築工事 安全祈願祭を実施した。

 平井嘉一郎記念図書館は、ニチコン株式会社の創業者故 平井嘉一郎様(立命館名誉館賓、法学部 1940年卒)のご遺志をくまれた、ご令室、名誉館賓・平井信子様によりご寄贈いただく記念図書館である。「学びが見える、学びに触れる、学びあえる」をコンセプトとして、長時間滞在したくなる空間や快適さを備えていることを重視し、将来に亘って利用者に愛される長寿命型の図書館であることを目指している。

 安全祈願祭は、平井信子様をはじめとする平井嘉一郎財団関係者、長田豊臣・立命館理事長や川口清史・立命館総長をはじめとする学校関係者並びに設計事務所、施工会社など工事関係者が集い、安全祈願の神事を厳粛に執り行った。

 直会の挨拶で長田豊臣理事長は「衣笠キャンパスの再整備計画の中でもこの平井嘉一郎記念図書館が位置的にも内容的にも中核の施設になります。今回、平井嘉一郎様のご功績を後世に伝えたいという平井信子様の想いと衣笠キャンパスの再整備に取り組んでいた本学の想いが一致し、平井嘉一郎様の図書館というかたちで実を結ぶことになりました。この図書館は、学びのコミュニティの中核として、これまでとは違う新しい図書館になっていく可能性があります。また、世界遺産を有するこの地で、京都を代表する建物の一つとなっていくものと期待しています」と今後への期待を述べた。

 「平井嘉一郎記念図書館」は2015年6月に竣工、同年10月供用開始を予定している。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。