このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2013 年

2013
 

2013年12月11日掲載

2014年度採用 教員採用試験合格者激励会を開催

 12月1日(日)、衣笠キャンパスにて、2014年度採用 教員採用試験合格者激励会を開催し、2013年度実施の教員採用試験に合格した学生・卒業生のうち61名が参加した。激励会は、山岡雅博・教職教育総合センター長(教育開発推進機構教授)の司会で進行し、校歌斉唱の後、米山裕・教職教育推進機構長(立命館学校教育研究会会長、文学部教授)から祝辞および激励の言葉が贈られた。

 その後、参加をされた合格者が紹介され、合格者を代表して堤理佐子さん(文学部4回生)に記念品が授与された。続いて、合格者を代表して川口祐作さん(経済学部4回生)がお礼の言葉と今後の決意を述べた。川口さんは合格までの道のりを振り返り、「多くの先生方や仲間に支えられて本日を迎えることができたこと、今後は支える立場に立って子供たちに寄り添い思いを受け止めながら、日々学び成長していく教師になります」と決意と今後の抱負を語った。

 引き続き実施された浦島清一・教職支援センター主任(BKC)による着任前ガイダンスでは、
「”教育は未来を創る”という原点」、「子供たちに寄り添う」、「教育で大切な共職協働」、
「卒業までにしておきたいこと」の4つの柱を中心に話がなされた。

 同日には、激励会の前に立命館学校教育研究会の秋季大会が開催されており、激励会参加者も現職教員や参加者とともに、4つの分科会に参加をし、激励会後に開かれた学校教育研究会主催の懇親会には新入会員として招待された。参加した校友教員や教育関係者、学生、教職員とともに、合格を喜び合い、学校教育研究会で研鑽をし続ける決意を深め、和やかなひと時をすごした。

 なお、2013年12月2日(月)現在、立命館大学が把握している2014年度教員採用試験合格者数は、延べ265名(現役103名、既卒162名/数は正規採用のみ)となっている。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。