このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2013 年

2013
 

2013年10月31日掲載

金子光佑・生命科学部応用化学科助教がマツダ財団研究助成「科学技術振興関係」に採択

 このたび、金子光佑・生命科学部応用化学科助教が、公益財団法人マツダ財団の科学技術振興関係の研究助成に採択され、10月28日(月)に立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて贈呈式が行われた。

 マツダ財団では従来より、次世代を担う若手研究者および未来をひらく芽となる萌芽的研究を優先して助成している。今回の科学技術振興関係の研究助成は、科学技術の発展に寄与する優れた25件が採択され、助成金額合計は2,800万円となっている。

 贈呈式では、公益財団法人マツダ財団常務理事・事務局長の魚谷滋己氏より、贈呈書入りの世界時計が贈られた。採択された金子助教研究テーマは以下のとおり。


採択研究テーマ:『液晶性を有する有機・無機ハイブリッド材料の開発とブルー相への融合』

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。