このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2013 年

2013
 

2013年10月18日掲載

大学院キャリアパス支援プログラム プレゼンンテーション・デザインセミナー 「創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ」を開催

 10月8日(火) に衣笠キャンパス、10月9日(水)にびわこ・くさつキャンパス(BKC)にて、プレゼンテーション・デザインセミナー「創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ」を開催した。本セミナーは、大学院キャリアパス推進室が主催する「大学院キャリアパス支援プログラム」の一つである。

 ゼミや学会、就職活動の面接などに備え、多くの大学院生はプレゼンテーション能力向上に意欲的である。そこで、2012年度に本学にてプレゼンテーション・デザインセミナーを担当し大好評を博した慶応義塾大学総合政策学部准教授である井庭崇氏を講師に迎え、2013年度は衣笠キャンパスとBKCの2拠点でセミナーを開催した。

 セミナーで受講生は、プレゼンテーションは単なる伝達にとどまらず、聞き手に新たな認識や発見をもたらし、次なる行動を引き起こすきっかけとなる「創造的プレゼンテーション」の実現を目指して、優れたプレゼンテーションの秘訣である34個の「プレゼンテーション・パターン」を学んだ。また、プレゼンテーション・パターンの中から、これまでに自身のプレゼンテーションに取り入れた経験のあるパターンと、取り入れたことはないが今後取り入れてみたいパターンを選び、セミナー受講生同士で、そのパターンを実践したときの体験を共有し合う対話のセッションを実施した。できるだけ多くの体験談を聞き、自身のプレゼンテーションの参考にするため、受講生は熱心にディスカッションを行った。

 また、優れたプレゼンテーションの映像を見ながら、34個のプレゼンテーション・パターンがどのように取り入れられているかを確認し、プレゼンテーション・デザイン力を養う方法を学んだ。

 受講生からは、「学会等の報告だけではなく、論文を書くうえでも役立つポイントに重なるものが多かった。今後の研究にぜひいかしていきたい」「自分が知るプレゼン論よりも、より高いプレゼンを学ぶことができた」などの声が寄せられた。


大学院キャリアパス支援プログラムHP

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。