このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2013 年

2013
 

2013年05月31日掲載

理工学部建築都市デザイン学科 「立命館スタジオデザインプログラム」 第5回デザイントーク・セッション開催

 5月28日(火)、びわこ・くさつキャンパス(BKC)において、「立命館スタジオデザインプログラム」のデザイントーク・セッションを開催した。

 5回目となる今回は、ゲストに西沢大良氏(西沢大良建築設計事務所・代表)を招き、「木造進化論」と題して、講演会を開催した。西沢氏は、教会や体育館、住宅など国内外のさまざまなジャンルの建築の設計に携わってこられた経験をもとに、木造建築の可能性の拡がりや建物がもつ力について語った。フロアには本学学生・大学院生のほか、他大学や一般の社会人の参加があり、さまざまな質問も飛び交った。

 スタジオデザインプログラムは、15回の授業のうち、数回を公開形式で行っている。次回は6月26日(水)18:00~20:00に同じくびわこくさつキャンパスで開催予定。
ゲストは、山梨智彦氏(株式会社・日建設計・執行役員・設計部門代表)


●立命館SDP(Studio Design Program)
本プログラムは2014年度から新しく立ち上がった大学院プログラムで、建築実務の第一線で活躍する建築家やデザイナーを招へいするスタジオ教育プログラム。また、2012年度に開設した学部3回生編入プログラムと併せて、学部・大学院を連携させた一貫教育プログラムでもある。
琵琶湖・淀川水系に立地する立命館大学の特性をいかした社会連携教育にも取り組み、次世代の地域環境の創造に寄与できる人材、建築・都市・ランドスケープの視野を併せ持ったアーキテクトの養成を目指す。


立命館スタジオデザインプログラムの詳細はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。