このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2013 年

2013
 

2013年05月24日掲載

びわこ・くさつキャンパスの茶室で英語基準留学生を対象とした茶道体験を開催

 5月16日(木)びわこ・くさつキャンパスのエポック立命21蓬窓庵(茶室)で、インドネシア・エチオピア・キルギスタン出身の英語基準留学生と茶道研究部部員による茶道体験を行った。

 今回の企画は、留学生が日本文化の理解を深める一環として生命科学研究科の呼びかけのもとで行われ、同研究科の他、理工学研究科と経済学研究科の英語基準留学生が参加した。あわせて、同日来学中であったイリノイ大学の教職員も参加し、総勢20名近くのにぎやかなお茶会となった。

 はじめに茶菓子として草津銘菓の「うばがもち」が振舞われ、茶道研究部部員から茶道の心得や作法について説明があった後、実際にお点前の体験が行われた。参加者たちは慣れない作法に苦戦しながらも初めて触れる日本文化を楽しんでいた。また、茶道の道具や掛け軸、茶道研究部部員の着物にも興味深そうに見入っていた。

 茶道体験の後の質疑応答では活発な質問が次々と寄せられ、参加した留学生からは「茶道体験は日本文化の理解を深めるためにとても良いものだった」、「このような文化が次世代に引き継がれていくことは良いことだ」といった感想が聞かれた。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。