このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2013 年

2013
 

2013年05月16日掲載

「日本の未来を創る国家公務員養成プログラム~立命館霞塾~」の開講式を開催

 5月10日(金)朱雀キャンパスにて、「日本の未来を創る国家公務員養成プログラム~立命館霞塾~」の開講式を開催した。

 このプログラムは、1・2回生を対象に「日本の未来を創造するためのリーダシップを発揮できる人材の育成」を目的とした国家公務員としての資質を養成するための1年間の特別プログラムとなっている。国の行政運営の根幹を担う官僚に求められる、高いレベルの政策立案能力の基礎となる力量や視点、考え方などを身に付けるために、教養・知識の講義に加え、第一線で活躍する国や地方の行政リーダーや現役官僚の講演やワークショップ、PBL(Project Based learning)、海外視察などの多彩なプログラムを予定している。

 開講式では、前田信彦・キャリアセンター部長をはじめ、学内アドバイザーの鵜養幸雄・公務研究科教授から塾生に対しての期待と激励の言葉が贈られた。その後の懇親会では、塾生それぞれの自己紹介とプログラムや将来に対する意気込みなどを発表し、これからの受講に向けて各アドバイザーや塾生同士の交流も実施した。

 本プログラムは、5月17日(金)第一回レクチャーを皮切りに、各回で様々な学部の本学教員や現場の最前線で活躍する多様な講師がそれぞれの視点から幅広い講義やワークショップを行う予定である。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。