このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2012 年

2012
 

2012年12月25日掲載

ロンドンパラリンピック女子ゴールボール日本代表の安達阿記子選手が産業社会学部で講義を実施

 12月17日(月)、衣笠キャンパスにて、ロンドンパラリンピック女子ゴールボール金メダリストの安達阿記子選手を特別ゲスト講師に迎え、「読売スポーツ社会学講座~スポーツ報道の射程―イギリス・ロンドン夏季オリンピック大会等を題材に~」を開催した。当日は約270名の学生が参加した。

 本講座は、スポーツという文化を複眼的に捉えることを目的に掲げ、スポーツ選手、新聞記者、アナウンサー、番組プロデューサー、解説者など第一線で活躍されているゲスト講師の方々と産業社会学部の教員がリレー講義形式で授業を進めている。今回の講義の中で安達選手は、障がい者スポーツの実状をトップアスリートの視点から解説。ゴールボールのプレー環境、支援体制から日本の障がい者スポーツの抱える課題についても言及し、ゴールボールをプレーする上で忘れてはならない「思いの共有、コミュニケーション、心の声を出す」といったチームメイトとの絆について自身の想いを語った。

 講義の冒頭では、安達選手が金メダルを獲得した女子ゴールボール決勝戦の映像が流され、安達選手が決勝ゴールを挙げた瞬間では教室全体が盛り上がりを見せた。また、ゴールボールの詳しいルールや選手が体験したエピソード等が話され、学生にとって障がい者スポーツがより身近なものに感じられる講義となった。安達選手は「夢は思い続け、言葉に出し、諦めず、行動し続けることによって必ず実現できる」というメッセージを学生に贈った。

 講義後には、安達選手がロンドンで獲得した金メダルが学生に公開され、多くの学生が実際にメダルに触れたり、記念撮影をするなど、安達選手と学生との積極的な交流が行われた。講義に参加した宗前健輔さん(産業社会学部2回生)は「障がい者スポーツについてはパラリンピックを知っている程度でなかなか詳しく知る機会がなかったが、今日の講義を通じてその実状を知ることができました。今までの講義は、健常者のスポーツを取り巻く現場やアスリート、メディアの声が中心でしたが、今回の講義では新しい視点からスポーツを見つめることができたと思います。実際にゴールボールの試合を見て多くの学生が熱中していましたし、障がい者スポーツも多くの人を惹きつける魅力があるのでメディアがもっと情報を発信すべきだと思いました」と感想を述べた。普段交流することのないパラリンピックメダリストからの講義を食い入るように聴講する学生の姿が見られた。

 スポーツ社会専攻では、今後もゲスト講師をお呼びして、学生たちがスポーツ現場からの生の声を知る機会を設けていく。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。