このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2012 年

2012
 

2012年11月01日掲載

明日の京都文化遺産プラットフォーム 世界遺産条約採択40周年記念 第2回フォーラム「明日につなげよ、京の文化」を開催

 10月29日(月)、朱雀キャンパスにて、明日の京都文化遺産プラットフォーム(事務局:立命館大学 社会連携課)主催による世界遺産条約採択40周年記念フォーラム「明日につなげよ、京の文化」を開催した。会場は、500名を超える参加者が訪れる盛況であった。

 今回の企画は、人類共通の財産である世界遺産をはじめとする、京都の文化や文化財について、京都府民、市民がその大切さを見つめ直し、次の世代へ引き継ぐことの必要性とその方策について考える機会として開催されたものである。

 冒頭に、「伝統こそ未来につなぐ」と題して千玄室大宗匠(茶道裏千家前家元・ユネスコ親善大使)による講演が行われた。講演の中では、誇りとして遺されてきた文化遺産を次世代に引き継いでいくための心構えについて語られた。

 講演の後、狂言大蔵流茂山千五郎家当主である茂山千五郎師による狂言「那須語」が披露され、会場にいる参加者全員が、古都京都に脈々と受け継がれる伝統文化に触れる機会となった。

 引き続き行われたパネルディスカッション「文化遺産を災害から守る~来し方行く末」では、松浦晃一郎会長(前ユネスコ事務局長)がコーディネーターを務め、パネリストに 田中安比呂宮司(賀茂別雷神社)、杉本歌子氏(公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会学芸部長)、土岐憲三副会長(立命館大学教授)が参加し、文化財の所有者、京町屋を守る立場、文化財を守る研究者のそれぞれの立場から意見を交換した。

議論のまとめとして、所有者、行政、市民が緊密に連携した東海・東南海・南海地震を意識した文化遺産保護対策、地域社会に文化遺産を災害から守る重要性を訴える必要性、次世代への継承に必要な文化遺産教育などの提言を行い、本フォーラムは盛況の中終了した。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。