このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2012 年

0
 

2012年09月27日掲載

被災の瞬間を伝える アマチュア写真家 菊池公男氏「写真報告3・11 赤浜」のパネル展示を開催中

 9月15日(土)から10月12日(金)にかけて、国際平和ミュージアムにおいて、菊池公男氏「写真報告3・11 赤浜」(主催:立命館大学災害復興支援室)を開催している。

 岩手県大槌町赤浜在住のアマチュア写真家菊池公男氏は、津波に襲われた赤浜地区の被害を伝える写真集「東日本大震災 赤浜2011・03・11」を、2011年5月に制作。今回の展示では、菊池氏自らも被災しながら撮影した津波の瞬間などを、写真パネル25枚をキャプションとともに紹介している。なお、写真パネルは2012年4月に明治大学で「赤浜の復興を考える会」主催で展示されたものを、菊池氏の了解を得て、国際平和ミュージアムに展示することとなった。「写真報告3・11 赤浜」は、10月17日(水)から11月1日(木)の期間、びわこ・くさつキャンパスのエポック立命21にて順次開催される。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。