このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

PICK UP : 2012 年

2012
 

2012年05月14日掲載

立命館大学ソフトテニス部関西学生春季1部リーグ戦 男子9年ぶりの優勝!

 福知山市三段池公園テニスコートで開催された関西学生春季1部リーグにおいて、立命館大学ソフトテニス部男子が、9年ぶりの優勝を果たした。

 1日目は、天理大学に3-2、関西大学に4-1で勝利するも、関西外国語大学に2-3で惜敗。2日目は、この3年間、春季・秋季リーグに連続優勝し、2011年の全日本大学ソフトテニス王座決定戦で優勝した同志社大学に3-2で勝利し、続いて関西学院大学にも3-2で勝利を収め、9年ぶりとなる関西学生春季1部リーグでの優勝を決めた。

 今回の優勝は、安定した攻撃力により4勝をあげた大将の早川和宏さん(スポーツ健康科学部3回生)・榎恭宏さん(経営学部2回生)ペア、苦しい中でも頑張りを見せ4勝をあげたシングルスの石山泰輝さん(経営学部2回生)、2試合目からペアを組み4戦全勝した清原毅文さん(経済学部1回生)・廣田晃一さん(経営学部1回生)ペア、同志社大学戦においてトップで出場し気迫の勝利を引き寄せた斎藤宜成さん(経済学部4回生)・柏裕介さん(情報理工学部3回生)ペア、確かなプレーで気持ちを繋いだ荒木翔さん(経営学部3回生)、1回生らしいハツラツとした動きを見せた奥嶋純平さん(経済学部1回生)など各選手が自らの役割を十分に果たし、部員一丸となって勝ち取った成果といえる(4月28日(土)、29日(日)開催)。

 今後、6月19日(火)~6月21日(木)に東京体育館で開催される全日本大学ソフトテニス王座決定戦に出場し、日本一を目指す。
 
 なお、女子は、2部リーグにおいて優勝。さらに入れ替え戦に勝利し、3年ぶりに1部リーグ復帰を果たした。

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。