このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2011年

映像学部生が株式会社サンリオの新キャラクターをPR

 映像学部の学生14名が株式会社サンリオと共同で同社の新キャラクター「Wish me mell(ウィッシュミー メル)」のプロモーション企画「Wish me mellおうえんの旅~きもちきっと、つながるよ。~」を実施しています。
これは、メル(ぬいぐるみ)が全国を旅して、現地の参加者(メルパッセンジャー)の新しいチャレンジを後押しし、その様子をブログでレポートすることで、全国にがんばるキモチを届ける企画です。
企画は映像学部が開講する社会型ネットワーク授業「プロデュース実習」における学生の企画コンペティションで、株式会社サンリオの審査を経て選ばれたものです。


【「Wish me mell おうえんの旅~きもち、きっと、つながるよ。~」企画概要】
この夏、「Wish me mell」が、日本を応援するために、全国を旅します。今日本では、誰かのために何かをしたいけれど、どうしたらいいのかわからなかったり、何か自分にできることはないかと悩んでいる人たちがたくさんいます。一人でも多くの人を笑顔にできるように、メルが全国を旅して、新しいチャレンジを応援し、みんなの気持ちをつなげます。
(1)メル(ぬいぐるみ)が、サンリオショップを基点に全国を旅します。(メルが滞在している間、そのお店にメルの家
のたまごハウスが出現)
(2)参加者(ブログで公募)は、メルが各店舗に滞在する期間中にメルを連れ出し、何か新しいことにチャレンジをし、そのレポートとこれから何かをしようと思っている人や大変な思いをしている人への応援メッセージを提出する。
(3)旅やチャレンジの様子は、ブログで公表される。
(4)集大成として、応援ソングを作成する(予定)


【ブログでのレポート】
旅のレポートは、参加者のチャレンジの様子、チャレンジからめばえた想いや、想いを伝えたい人へのメッセージを中心にブログで紹介してまいります。ブログは、オフィシャルブログと学生ブログの2種類があり、同時進行します。オフィシャルブログではおとぼけ気味のメルがキャラクター視点で、学生ブログでは立命館大学映像学部の学生が参加者目線のリアルなレポートを、それぞれ展開していきます。 

・Wish me mell オフィシャルブログ(PC・携帯 共通)
・Wish me mell おうえんの旅 ~きもち、きっと、つながるよ。~ (学生ブログ)(PC・携帯 共通) 


【映像企画】
「Wish me mell」のコンセプトを伝える映像作品を学生メンバーが、企画制作します。キモチを伝え、ココロをつなぐお手伝いをするキャラクターということを軸に1話ずつ違う多様な表現で新たなファンにアピールします。
1、第一話「いろんなメルちゃん~ごはん編~」・・・コマ撮り作品。テーマは「家族愛」
2、第ニ話「いろんなメルちゃん~雑貨編~」・・・ストップモーション作品。テーマは「メルの世界」
3、第三話「思い出レター」・・・アニメーション作品。テーマは「友情」
4、第四話/第五話「メルと告白1、2」・・・実写作品、テーマは「恋愛」
5、オープニング/エンディング

【出発式】
6月3日(金)に、立命館大学衣笠キャンパスにおいて、メルの出発式を実施しました。学生による企画の概要説明、出発セレモニー、フォトセッションなどを行いました。




         

メルの出発式の様子

■「Wish me mell(ウィッシュ ミー メル)」について
つながりを大切にする15歳~20代の女性に向けて、デジタルコンテンツを主軸に、リアルコンテンツとの連動をはかり展開するサンリオ初の「ネット発・ユーザー参加型」キャラクターです。2010年12月27日に、ウェブサイトhttp://wishmemell.com/で、スタートしました。




            

                                             著作:株式会社サンリオ ©2010,2011 SANRIO

■「プロデュース実習」について
映像学部2回生配当の講義。学生が実際に企業や商品のPR案を企画することを通じて、読解力、表現力、マネジメント力などの実践的な力を磨きます。昨年はアニプレックスの協力のもと映画「宇宙ショーへようこそ」のプロモーション企画を実施しました。実施する企画は複数のチームが課題に沿って企画を練り、最終プレゼンテーションを経て決まります。


                                               最終プレゼンテーションの様子

立命館大学映像学部のホームページはこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。