このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2011年

立命館総長新年のごあいさつ <New Year’s Greetings from the Ritsumeikan Chancellor>

 みなさま、明けましておめでとうございます
 2011年が、みなさまにとって、幸い多き年でありますことを心より祈念申し上げます。

 とりわけ、本来希望に満ちて迎えるべき新年を、紛争やテロの脅威、貧困と飢餓の恐怖、差別と抑圧の中で過ごさざるをえない、世界の多くの人々、若者、子どもたちのために、立命館学園は、日本の教育・研究機関としてできることを最大限の努力でおこなうことを新年にあたりお約束します。立命館学園の教職員、学生、生徒は、平和や民主主義、人間の尊厳について、豊かな感受性を持ち、行動で示してくれることと信じています。

 今、アジア太平洋地域の大学には、世界の未来を担う若者を育成することが求められています。それは、国境を越えて活動し、国籍や宗教の違いを越えて助け合える豊かで強力な「チーム」をつくることのできる若者です。

 立命館は、今年、「未来をつくる R2020」、2020年をめざす学園の計画を策定します。
 日本の政治、経済、あるいは教育も、一見すれば明るい展望に乏しく、閉塞感に満ちているように見えます。私たち教育・研究機関は、そのような状況に対して、問題を解く「知性の鍵」を創造し、現状を変革する力を持った若者を育成していく場とならなければなりません。
 「自分を超える、未来をつくる Creating a Future , Beyond Borders」。これが、2020年をめざす私たちのビジョンです。ここには様々な問題解決の前にたちはだかる、私たち自身の、組織の、制度の、さまざまな限界や制約や乗り越えて、自分たちの可能性をひろげ、新しい価値を生みだしたいという思いがこめられています。

 今年、立命館は2020年をめざして、新しい一歩をふみだします。立命館のこれからの歩みが、未来への希望の礎となれば、これほどうれしいことはありません。

 本年も立命館に対する様々なご支援を賜ることができれば幸いです。皆さまのご健康とご活躍をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

                                                                2011年1月1日
                                                                学校法人立命館
                                                                総長 川口清史

Happy New Year.
Best wishes for a joyous and fruitful 2011.

 As a leading Japanese institute of education and research, Ritsumeikan continues to put its best efforts toward supporting people around the globe, especially young, forced to start the New Year facing war, terrorism, poverty, starvation, discrimination or oppression.
Ritsumeikan strives to nurture sensitivity toward peace, democracy, and respect for human dignity in its faculty, staff, and student body.

 Universities in the Asia Pacific region have an obligation to cultivate young people who are capable of forging the future of the world we share, who are willing and eager to work with others beyond the boundaries of nationality and religion as a rich and strong team.

 Ritsumeikan has established “R2020 Creating the Future” guidelines which spell out the direction of university management goals to be achieved by the year 2020. Japan’s politics, as well as her economy and education are experiencing a state of stagnation that appears to preclude an optimistic outlook. However, the mission of all institutes of education and research is to cultivate young people equipped with ability to create the key to knowledge that lead to solutions to the problems that interfere with the realization of human happiness.
 “Creating a Future, Beyond Borders” is our vision for achieving our goals. R2020 reflects our desire to expand our potential and create new values beyond the boundaries and limitations of individuals, organizations and systems.

 Ritsumeikan will take a new step forward to achieve our goals by 2020. Nothing will make me happier than to see Ritsumeikan’s contribution become the cornerstone of hope for the future.
 
 I hope all of you will stay healthy and play an active role in your fields. For this year too, I hope to have your support and cooperation for Ritsumeikan.

                                                             January 1st, 2011
                                                             Kiyofumi Kawaguchi
                                                             President
                                                             Ritsumeikan

中国語/Chinese

韓国語/Korean

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。