このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2009年

新型インフルエンザ発症者の急増に対する本学の対応

学生の皆さんへ 
                       新型インフルエンザ発症者の急増に対する本学の対応

 7月中旬過ぎからBKCキャンパスで、新型インフルエンザまたは疑似症(A型インフルエンザ)に感染した方の報告が相次いでいます。これまでのところは集団感染といえるほどの急激な感染拡大が見られない為、試験は予定通り継続実施します。

1. 感冒症状などで体調がすぐれない時や、自宅で体温測定の結果、発熱(37.5℃以上)がある場合
  (1)登校せずすみやかに医療機関を受診してください。

2. 新型インフルエンザまたは疑似症(A型インフルエンザ)への感染が判明した場合
  (1)登校せず、所属学部事務室に連絡をしてください。
  (2)発症日の翌日から1週間は登校停止となります。

3. 定期試験の対応
  (1)「公欠」としてあつかい、すべての科目が追試験の対象となります。
  (2)追試験手続きには医療機関の診断書が必要です。
  (3)受験料は無料です。
  (4)手続きの詳細は所属学部事務室に相談をしてください。

4. 定期試験受験時の注意
  (1)試験期間中に発熱等の症状が発生した場合は、無理をして受験しないでください。新型インフルエンザまたは疑似症(A型インフルエンザ)以外の病気であっても、所定の手続きをとることにより追試験を受験することが可能です。所属学部事務室に相談をしてください。
  (2)BKCでは試験中、感冒症状があるなど必要な方にマスクを配布しています。監督者に申し出てください。

 学生の皆さんは引き続き、外出にあたっては人ごみをなるべく避けるとともに、うがい、手洗い、咳エチケットの励行等の感染予防措置に努めてください。
 夏休みを迎えると、合宿等集団活動の機会が増加しますが、発熱などの症状があるときには感染拡大を防ぐために参加を自粛してください。

 新型インフルエンザの流行状況・症状・予防方法など、最新の情報は保健センターのホームページに掲載しています。毎日閲覧するようにしてください。
  http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/hoken/medical-j.html

                                                                   以上

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。