このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2009年

平成21年度「産学官連携拠点」地域中核産学官連携拠点に採択されました

 文部科学省と経済産業省が共同で実施する平成21年度「産学官連携拠点」に、全国で「地域中核産学官連携拠点」10件、「グローバル産学官連携拠点」5件が選定されました。

 このうち立命館大学では「地域中核産学官連携拠点」として、滋賀県、滋賀医科大学など県内の7機関と連携した「しが医工連携ものづくり産学官連携拠点」が採択されました。

 「地域中核産学官連携拠点」とは、地域の特長や強みを活かし、地域産業の競争力強化や新産業創出による産業構造改革などを目指して活動を行う拠点です。


■「しが医工連携ものづくり産学官連携拠点」概要

びわこ南部エリアに育った「緊密な医工連携」と「医療機器の小型/軽量化・インテリジェント化技術」を活かし、次世代医療技術の研究開発と、事業化に向けた産学官連携活動を展開。
「患者中心の質の高い医療の提供」と「活力あるものづくり産業」の創出を目指します。

本拠点では3つのアプローチによって医療面、産業面での貢献を図ります。
(1)医療技術の高度化
総合病院の手術室等オンサイトで患者負担の少ない高度な癌医療の提供を目指すなど質の高い医療の提供を目指します。
(2)医療機器の小型/可搬化  
(3)新医療技術の開発

 

文部科学省のHPはこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。