このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2008年

このたび、南部陽一郎氏(元本学客員教授)が、ノーベル物理学賞を受賞されました

2008年10月7日、立命館学園の発展にご尽力いただいた南部陽一郎先生が、ノーベル物理学賞を受賞されました。長年にわたる努力に敬意を表し、心よりお祝い申し上げます。

南部先生は1994年から4年間、本学客員教授を務められ、主に大学院生に物理学の指導を行われました。

また1995年には、「南部陽一郎 研究奨励金」を創設され、これまでのべ23人の大学院生が給付を受けるなど、自然科学を学ぶ学生たちの励みとなりました。

また、立命館アジア太平洋大学(APU)のアカデミック・アドバイザーにもご就任いただき、教育・研究の活性化に多大なるお力添えを賜りました。加えて2006年には、『立命館百年史紀要第14号』に、寄稿「私の父と立命館」も寄せていただいております。

今後より一層のご活躍をお祈りいたします。
                                                    学校法人立命館総長 川口清史

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。