このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2008年

特別転籍に関する文部科学省の決定を受けて

標記の件につきまして、本日、文部科学省より「管理運営上の適切性を欠くものであり、2008年度私立大学等経常費補助金を減額すると決定した」との通告を受けました。
これをうけまして、下記の通りご報告させていただきます。
なお、生命科学部における特別転籍につきましては、現在、「特別転籍に関する検証委員会」において、事実経過、問題点の検証を行っております。本日のご指摘も含めて検証し、結果がまとまり次第、あらためてご報告させていただきます。


■特別転籍に関する文部科学省の決定を受けて

今次の文部科学省からの決定はきわめて厳しい措置であり、重く受け止めております。
本学では、4月16日の常任理事会において、今後、特別転籍を実施しないことを決定いたしました。
現在、特別転籍に関する検証委員会において、転籍に関する事実経過の確認と管理運営に関する検証を進めており、この検証を通じて、本学の社会的責任を明確にして参ります。
立命館大学は教育機関としての責務を深く自覚しより一層の努力を重ねていく所存です。

                                                          立命館総長 川口清史

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。