このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2015年

熊本県との就職支援協定について

 立命館大学は11月19日(木)、熊本県と就職支援に関する協定を締結しました。

 この協定により、熊本県で就職を希望する学生に対して、インターンシップ機会の増大、企業・行政機関などの採用情報やセミナー・採用説明会など各種就職支援イベントに関する情報を提供するなど、U・Iターン就職支援・促進に向けた取り組みを県と連携して行います。

 熊本県が大学と就職支援の協定を締結するのは本学が初めてとなります。なお、同日、東海大学とも締結されました。また、本学と都道府県との就職支援に関する協定締結は徳島県、広島県、高知県、香川県、北海道(包括協定)、福島県(包括協定)、長野県、愛媛県、鳥取県、岡山県、石川県、山口県、福井県、静岡県に続き、15件目となります。

 協定締結には、 熊本県・蒲島郁夫知事、吉田美喜夫・立命館大学学長が出席し、固い握手の下、協定を締結しました。


蒲島郁夫・熊本県知事(写真右)と吉田美喜夫・立命館大学長(写真左)


<蒲島郁夫熊本県知事のメッセージ>
熊本県は今年、地方創生元年として、国と一体となって地方創生の取組みを進めています。本県でも先月、「熊本県まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し「産業ニーズに応じた人材の育成・確保」に向けて若者の地方定着に取組むこととしています。大学との協定締結により、県内企業の魅力やインターンシップ等の情報をしっかり届けていくことで、県内就職が促進され、地方創生の弾みとなり、本県経済の更なる活性化に繋がるものと期待しています。


<吉田美喜夫学長のメッセージ>
立命館大学は、学生の半数を関西圏以外から迎えておりますが、これが、立命館の特徴である「多様性」につながっていると考えています。この間のアジア諸国などの急速な発展により、地域における経済活動においてもグローバルな見識や視点を備えた人材の養成は必至となりました。そのことは、どこで、どのような業務に携わろうと「世界とは無縁でいられない時代の到来」を意味し、グローカルな視点を持った人材の育成は、喫緊の課題となっております。立命館大学には、現在、222名の熊本県出身の学生が学んでおります。本学は、先輩が様々な形で後輩をサポートするしくみが在学中から様々ございます。それは、「立命館のDNA」とも言えるものであり、卒業後もしかりです。熊本県校友会では、5年前から毎年、独自の取組みとして学生や父母を対象とした就職情報交換会を開催してくださり、学生は先輩の的確なアドバイスのもと、地元での就職活動を進めることができるようになりました。その成果は、Uターン就職決定として表れています。それでも、距離のあるところでの就職支援は、大学にとっての重要課題でございます。この度、熊本県との間で、就職支援に関する協定の締結を締結できますことは、直接的なサポートがなかなか難しい熊本県での就職活動支援の強化となるものであり、極めて大きな意義があると考え、多いに期待しております。



協定書にサインをする吉田美喜夫・立命館大学長



協定書にサインをする蒲島郁夫・熊本県知事
ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。