このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2015年

Jリーグと立命館が連携した人材育成事業が日本の人事部「HRアワード2015」最優秀賞を受賞

 Jリーグと学校法人立命館による教育機関提携事業である「Jリーグヒューマンキャピタル教育・研修コース(基礎)」が、日本の人事部「HRアワード2015」の「プロフェッショナル部門 教育・研修部門」の最優秀賞を受賞しました。

 「HRアワード」とは、人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、人事や人材開発に関わる全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールド全体の活性化を実現することを目的とした表彰制度で、2012年より開催されています。約78,000名の『日本の人事部』会員のアンケート結果を基に各賞を決定しています。
詳細はこちら(日本の人事部「HRアワード」HP)


 「Jリーグヒューマンキャピタル教育・研修コース(基礎)」は、Jリーグと立命館が、2014年5月にスポーツを通じた人材育成や地域活性化、国際交流の促進などを目的とした「業務提携に関する合意書」を締結し、それに基づき「社会人を対象とした人材育成事業」として、2015年にスタートしました。将来のプロスポーツ界の経営を担う人材開発・育成を目的としており、現在43名の第1期受講生が学んでいます。今回、プロスポーツビジネス界で活躍する経営人材育成プログラムとしての、先進的な取り組みが多くの経営者や人事から高く評価され、本賞の受賞にいたりました。

 「Jリーグヒューマンキャピタル教育・研修コース(基礎)」の 詳細はこちらをご覧ください。
なお、現在、第2期受講生の募集説明会も実施しています。


受賞を喜ぶ関係者一同


賞状を受け取る公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) 経営企画本部 企画部 経営人材育成グループリーダーの中村 聡氏(J.LEAGUE PHOTOS)


 

先進的な取り組みが多くの経営者や人事から高い評価を受けました (J.LEAGUE PHOTOS)

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。