このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2015年

「茨木市教育委員会と立命館大学との連携協力に関する協定」の締結について

 2015年3月23日、立命館大学は茨木市教育委員会と、相互の人的・知的資源の交流・活用を図るとともに、教育上の諸課題へ的確に対応するため、相互に連携協力して研究・協議を行い、その具体化を図りその成果を生かして双方の教育の充実・発展に寄与することを目的とした連携協力に関する協定を締結いたしました。


 すでに、2012年8月、茨木市、茨木市商工会議所と立命館大学は連携協力に関する三者協定を締結し、その協定においても地域社会の発展および人材育成に貢献することを目的として、まちづくりや産業・観光振興などの地域経済の発展に寄与することや、学術研究・教育・文化国際交流・スポーツの振興発展に関する連携を確認しています。
 今回の教育委員会との協定締結により、学校教育現場と茨木市をフィールドとする多様な教育活動の場が一層広がり、総じて教育の充実発展と茨木市の地域振興にも貢献できるものと考えています。また、立命館大学では2016年4月に総合心理学部の開設も予定しており、学校現場等で心理学の専門領域からアプローチする臨床・実践フィールドワークの新たな取り組みも予定しています。


 協定締結に際し、茨木市教育委員会の八木章治教育長からは「茨木市は地域連携に力を入れている。学生と共に学びあい、学校教育、社会教育を通じて学生の成長に寄与したい。また、若者が市に来ることでの活性化に期待している。学生のため、市民のため、協力関係を強固なものにしたい。」と述べられました。立命館大学の吉田美喜夫学長からは「教職を目指す学生にとって今回の協定はとても有意義なものである。また、教育実習を含めた様々な実習やボランティア活動などを通じて、新しい学びの場の提供ができると期待している。教育委員会との新しいつながりをこれからも大切にしていきたい」と述べられました。


 ■「茨木市教育委員会と立命館大学との連携協力に関する協定」の締結について
 締結日:2015年3月23日(月)
 場 所:茨木市役所 南館8階 特別会議室
 締結者:茨木市教育委員会 教育長 八木章治(写真左)
      立命館大学      学長 吉田美喜夫(写真右)
 内 容:①学生に教育実習をふくむ多様な学習の場を提供する。
       ・教育実習、学校インターンシップ、学校ボランティア
       ・研究授業の参観や授業研究会への参加
       ・心理学を専門とする学生の 臨床・実践フィールドワーク
      ②学生が児童生徒の教育活動への支援を行う。
      ③教職員の交流・研修を行う。

以上


ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。