このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2015年

石川県と就職協定を締結

 1月30日(金)、立命館大学は石川県と「就職支援に関する協定」を締結しました。

 この協定により、石川県で就職を希望する学生に対し、県主催の就職説明会や県内企業のインターンシップ受け入れに関する情報提供や、独自の学内就職セミナーや企業説明会、県内での保護者セミナーの開催など、U・Iターン就職支援・促進に向けた取り組みを県と連携して行います。
 なお、本学と都道府県との就職支援に関する協定締結は徳島県、広島県、高知県、香川県、北海道(包括協定)、長野県、愛媛県、鳥取県、岡山県に続き10件目です。

 協定締結式には、谷本正憲・石川県知事と吉田美喜夫・立命館総長が出席し、固い握手の下、協定を締結しました。
また、同日東海大学と龍谷大学と石川県の就職協定締結も行われました。

<谷本正憲知事のコメント>
 地方創生戦略において、人材の確保は最も重要な課題である。県外に進学した学生のUターン就職について調査分析をした結果、大学と連携し、県内企業の情報を県外に進学した学生に伝えていくことが急務と判断し、人材育成に成果をあげている3大学と協定を締結することにした。この取り組みをモデルケースとして他大学に広げるとともに、産官学連携の契機として石川県における地方創生に役立てていきたい。

<吉田美喜夫総長のコメント>
 立命館大学は学生の約半数が下宿生であり、地元を離れて生活をして様々な経験を積み、学んで社会に出ていく。多くの学生は地元に貢献したいと願っていると思われるが、残念ながら、情報が少ないためUターン就職できていない学生もいる。この協定による具体的な取り組みによって、U・Iターン就職を希望する学生の選択肢を広げるとともに、新幹線開通によってますます発展が期待される石川県において活躍できる人材を輩出していきたい。



協定書に調印する吉田総長と谷本知事


左:吉田総長 右:谷本知事


左から 吉田総長、谷本知事、
赤松徹眞・龍谷大学学長、山下泰裕・東海大学副学長




ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。