このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2014年

<100円朝食>利用者が累計10万人突破!産学連携で学生の朝食をもっと豊かに!父母教育後援会とカルビー、サブウェイ、生活協同組合による朝食プロジェクトスタート

立命館大学父母教育後援会(以下、父母会)が、学生たちの健康促進および、生活リズムの改善を目的に201312月にスタートした「100円朝食」は、利用者が10万人を突破しました(201410月時点)。1日平均で約900名が利用し、学生一人あたりで換算すると、約3回は食べたことがあるという計算になります。(※詳細は「参考資料」をご覧ください)「朝食を食べるようになって、勉強に力が入るようになった」など嬉しい声も聞かれ、毎日利用している学生もいます。いまや、多くの学生の生活に「朝食習慣」が定着しつつある状況です。

 

これまでは、和食メニューを中心に提供していましたが、学生からの「パンも食べたい」「バリエーションを増やしてほしい」などの要望を受け、このたび、カルビー株式会社(以下、カルビー)及び日本サブウェイ株式会社(以下、サブウェイ)、立命館生活協同組合(以下、生協)との産学連携による新メニューの提供をスタートします。

 

カルビーは、日本人の朝食をもっと充実したものにしたいと「第3の朝食」と言われるシリアル事業に力を入れ、忙しい現代人の朝に、時短で、おいしく、食物繊維や鉄分がたっぷり入っているフルグラ(オーツ麦、ライ麦などの穀類を焼き上げたグラノーラにフルーツをミックスしたもの)の販売をされています。サブウェイは、からだと心の健康に貢献する新しいファストフードとして新鮮な野菜をふんだんに使ったヘルシーなサンドウィッチの提供をモットーとされています。両社の事業方針に共感した父母会が相談をしたことがきっかけでこのプロジェクトが始まりました。両社にも、100円朝食の趣旨に賛同いただき、一緒に学生たちに健康で豊かな朝食を摂る機会をつくろうと、タッグを組むことになりました。産学連携による100円朝食は全国で初めてです。

 

1弾は、びわこ・くさつキャンパス(以下、BKC)において、カルビーのフルグラを1215日(月)~24日(水)の期間限定で提供します。この期間は実験期間と位置づけ、学生のニーズ把握や購買動向を調査します。その結果を踏まえてメニューの改善・開発等を行い、20154月から他のキャンパスでも100円朝食メニューとして本格的に導入する予定です。

2弾は201516日(火)からBKCにあるサブウェイの店舗で立命館オリジナルの朝食メニューの提供を開始します。このメニューも学生の声を反映し、改善や新メニューの開発に取り組んでいきます。なお、通常メニュー〔ご飯、味噌汁、おかず〕も従来どおり提供しています。

 

 

 

■『フルグラ&フルーツセット』  提供:株式会社カルビー、立命館生活協同組合

内容:フルグラ(50100g)、牛乳orヨーグルト(選択)、フルーツ(みかん・ももなど)

期間:20141215日(月)~24日(水)8時~840

場所:立命館大学びわこ・くさつキャンパス ユニオンスクエア2階(滋賀県草津市)

※フルグラはカルビーよりご提供いただき(実験期間中のみ)、学食を運営する生協が

牛乳/ヨーグルト、フルーツとともに提供します。

 

■『100サブ朝食』 提供:日本サブウェイ株式会社

内容:プチサンド1個(レギュラーサイズの半分、具は8種類から日替わり)、

Sサイズドリンク(7種類から選択)

期間:201516日(火)から 8時~840

場所:立命館大学びわこ・くさつキャンパス セントラルアーク1階(滋賀県草津市)

※立命館100円朝食のオリジナルで、レギュラーメニューではありません。

260円相当のメニューで学生負担100円を超える分は父母会が支援します。

以上

 

●取材・内容についてのお問い合わせ先

立命館大学広報課 TEL.075-813-8300




ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。