このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2014年

西日本の私立大学では唯一。文部科学省「平成26年度グローバルアントレプレナー育成促進事業」に立命館大学が採択

 立命館大学は、文部科学省「平成26年度グローバルアントレプレナー育成促進事業」に採択されました。同事業は今年度新たにスタートするもので、海外機関や企業等と連携しつつ、起業に挑戦する人材や、産業界でイノベーションを起こす人材の育成プログラムを開発・実施する大学等を支援することを目的としています。全国の国公私立大学から55件の応募があり、13大学が採択されました(うち、私立大学は早稲田大学、慶応義塾大学、立命館大学の3校のみ)。

 本学が採択された「イノベーション・アーキテクト養成プログラム」は、学部や研究科の垣根を越えた多様な受講生が、1チーム7名を基本とするチームで活動する1年間のプログラムです。大学院生や若手研究者を主な対象とし、大阪いばらきキャンパス(大阪、2015年4月に新設)、びわこ・くさつキャンパス(滋賀)、立命館アジア太平洋大学(大分)などの複数キャンパスを拠点として、連携企業(東芝・ライオン・野村證券・パナソニック・大日本スクリーン製造)からのメンバーとともに、学内外の研究開発シーズや学内・連携企業などからのニーズに基づくテーマについて課題解決に向けた活動を行います。

 自分の専門分野のシーズを持ち、その実用化を実践してみたい大学院生などを積極的に受け入れ、国際色豊かな立命館アジア太平洋大学での国際チームの活動も予定しています。また、インド工科大学(ハイデラバード校・デリー校)、カリフォルニア大学(デービス校)などの海外大学とも連携し、講師の招聘や、受講生の海外研修などを行います。文部科学省による助成期間は3年間で、グローバル社会で活躍するためのスキルとマインドを持つ「イノベーション・アーキテクト」を育成していく体制の構築と定着を目標としています。

立命館大学は、今回の同事業採択により、国際社会を見据えたアントレプレナー育成のための教育をさらに進めてまいります。

文部科学省の同事業のサイトはこちら

立命館の取り組みの詳細はこちら

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。