このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2014年

JMOOC講座「歴史都市京都の文化・景観・伝統工芸」の受講受付が始まりました

 JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)の大規模公開オンライン講座サイト「gacco」にて本学の提供する講座「歴史都市京都の文化・景観・伝統工芸」の受講受付が、2014年7月30日(水)から始まりました。

 本講座では、1200年以上の歴史を有する京都の文化、景観、伝統工芸を、地理情報システム(GIS)を用いた地理学的手法や、考古学・民俗学的手法を用いて明らかにしていきます。

 前半(第1週・第2週)では、文学部地域研究学域の矢野桂司教授が、GISやCGなどの最先端の情報技術を活用しながら、京都の景観の変遷や、祇園祭を対象としたデジタル・ミュージアムを紹介します。
 後半(第3週・第4週)では、文学部日本史研究学域(昨年度まで京都学専攻所属)の木立雅朗教授が、考古学・民俗学研究、京都学研究の視点から京都の伝統工芸の現状と歴史を紹介し、「京都イメージ」が如何に創られてきたのかを考えます。

 開講は2014年10月28日(火)を予定しています。多くの皆様の受講をお待ちしております。

 

矢野教授の講義をJMOOCのスタッフが撮影する様子

■受講申し込みはこちらから 

■JMOOC とは

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。