このページのトップです。

ここからメインコンテンツです。

HEADLINE NEWS:2014年

茨木商工会議所が大阪いばらきキャンパスに移転します。

 立命館大学は、茨木商工会議所、茨木市と2012年8月に包括協定を締結し、新キャンパスの教学コンセプトの一つ「地域・社会連携」の具体化を進めてきました。その一環として、この度、2015年4月開設の大阪いばらきキャンパス(OIC)に茨木商工会議所が移転することとなりました。
 茨木商工会議所が新キャンパスに移転し連携することで、地域社会の発展や人材育成・産業の振興に貢献することが期待されます。また、OICに移転する経営学部・同研究科、政策科学部・同研究科、経営管理研究科、テクノロジー・マネジメント研究科などで展開していくPBL(Project-Based Learning)をはじめとした地域・社会と連携した教育や企業の具体的な事例に触れる実践的な学び、多様な企業・団体等との産学連携や研究活動における日常的な交流などの促進が期待されます。
 商工会議所の本部事務所が大学キャンパス内に設置されることは全国的にも初めてのこととなります。
 なお併せて、茨木商工会議所移転後の跡地に本学の国際教育寮を設置することで合意しており、今後、建設計画を具体化していきます。

[茨木商工会議所]
1948年5月に創立、現在の会員数1800名。会員企業への税務・金融・経営・労働相談・各種セミナー・研修の開催、まちのにぎわいづくり事業、産官学連携事業など多様な取り組みを展開し地域産業振興の拠点となっています。

 

キャンパスへの入居にあたっての契約書交換の様子
右側:本学長田豊臣理事長、左側:茨木商工会議所合田順一会頭

ここからサブコンテンツです。

ここからフッターです。